One Shot One Kill

かつてのニコマス感想跡地。
Homeニコ動(im@s・MAD・ボカロ) | 色々感想 | ネギま!感想(現在停止中) | web | 雑記 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽物語 上 (西尾維新)

2008.10.27
今回の注目点
・ローリング阿良々木さん
・人生ゲームとツイスターゲーム
・デジカメの使い道
・ツンデ…レ?
・いめちぇん
・最強の兄妹喧嘩



今回は少し読んでから時間がたってしまったので雑感的な感じで。

今回の偽物語は化物語の後日談、そして今まで語られる事の少なかった阿良々木の妹、ファイヤーシスターズがメインの話となっています。表紙は上の妹の火憐。

と言っても、上巻である今作では、阿良々木とその周囲の人物の日常(?)も描かれているので、以前の作品で出たキャラクターもばっちり楽しめました。 …というか腹がよじれるくらいにwww
上の箇条書きはその辺りの事なんですが
・八九寺に対する阿良々木はそろそろマジに捕まるレベルだと思う。
・千石が良い感じに壊れたw
・流石は変態(褒め言葉w) あとくじ運…
・脅しと会話の間についときめいてしまうガハラさんの破壊力がヤバイ
・いめちぇん…?なぜに絵が無いんだ!!!…そりゃ無いわな。根本的に挿絵が。

…とまあ、まさに見所満載です。


本編の方は戦場ヶ原の因縁の男、貝木とファイヤーシスターズ(特に火憐)が関わりを持つ事で動きました。しかしまあ、火憐と言い月火といい良いキャラだしコンビとしての危険性バツグンだし…西尾さんの作品の面白さを改めて実感です。しかし妹たちを偽物と断じる阿良々木…珍しくというかなんというか、兄の威厳がありました。

今回は阿良々木が兄として、また戦場ヶ原の彼氏として貝木の前に立ちますが、特に怪異あるわけでもない貝木との交渉は静かに解決。実際、貝木のような立場が読者にとっては一番近いのかも知れません。…が、しかし。話としての山場は直前の阿良々木と火憐の喧嘩に完全に取られてしまいましたね。もちろん今回は火憐の話ですから、それで正しい訳ですが。

と言うわけで、。今回一番熱かったのはおそらく史上最強の兄妹喧嘩。阿良々木の打たれ強さはともかくとしても、火憐はホントどんな流派で空手をしてるんだ?w

まぁとりあえず、P294の阿良々木のセリフは至言です。







次の「つきひフェニックス」、発売は来年の3月だそうで。巻末にある強烈に興味をそそる次回予告を見てしまうともう待ち遠しくて待ち遠しくて…。


スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://blackhat.blog19.fc2.com/tb.php/116-ff6c5f3c
Template by まるぼろらいと

Copyright ©One Shot One Kill All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。