One Shot One Kill

かつてのニコマス感想跡地。
Homeニコ動(im@s・MAD・ボカロ) | 色々感想 | ネギま!感想(現在停止中) | web | 雑記 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

im@s MAD Survival Championship Ⅲ 60秒決勝

2008.11.25
投票期間が終了したので、一言ずつ。


im@sMSC3  cx0101P

Final-1 
ずっと優勝候補と言ってきましたが…決勝での伸び分はイマイチ。まぁ、コメントにもある通りこのレベルの作品にだめ出しが出る時点でニコマスのレベルは異常なのですが…。もったいなかったのは時間配分ではないでしょうか。予選から入りの春香や石像でインパクトを取りましたが、決勝でも見所は同じだったために、延長された時間を生かし切れていなかったように感じました。
…しかし横一線になった感があるだけで、十分強力な作品です。もちろんフル希望!

Final-2
非常にクセの強いオールスター作品。社長に小鳥さん、高速マスターと異色な要素も満載ですが、なんと言ってもその独特な作風が…。自分は元の曲は知らないのですが、かなり濃い…というか、2D哲学?かなりの方が心中を決意していたのも印象的です。

Final-3
まさかのガチ紳士…。妖艶な伊織というか、音楽と下着自重www
しかし、これだけの凝り方を全て紳士枠に投げ込むとは。この伊織は一体何歳なんだろう。とても中学生の雰囲気には…(汗)

Final-4
こちらは決勝で大きな可能性を開いた作品。本戦まではFinal-1の春閣下とかなり重なっていましたが、決勝の延長分でオールスター(?)メドレーへの発展の可能性を示しました!こういう冒険した作品が出てくるのはMSCの魅力の一つですね。一瞬だった2曲目はあずささんでしたが、入りの曲目が全て作られているとすると、5章以上はありそうですが…!?

Final-5
ネタ臭をずっと漂わせていたのに、最後までメカ千早のダークなガチでした。(と、信じたい…。)所々に攻殻機動隊へのオマージュがあり、歌がまっくら森…人形の悲哀を描き切るには最高の素材で、見事に作りきっていると言えるのではないでしょうか。

Final-6
最初は真のダンス作品かと思っていたのですが…まさかのフラット3ネタ満載www
千早のpadは定番でしたが、ガルウィングは久しぶりに見ました。真のユニットがどれもネタだったのは秀逸!

Final-7
完全に王道な、可愛い作品も生き残りました。3連投げキスは反則だろ…。亜美真美と美希のバレンタイン、非常に丁寧な作りで是非とも単品希望です。しかし…小鳥さんは妄想自重w

Final-8
決勝で見事に化けた作品です。この作品に投票を続けた人たちに最大限の感謝を。ただの黒春香ではなく、そこからの展開はまさに鳥肌です。後半部分を出さずに決勝とはホント思い切ったプランですが…決勝戦の台風の目になるのではないでしょうか。

Final-9
Final-8とは逆に。
誰だよコレに入れてたヤツwww
まさかの人物が登場されました。オチとしては完璧でしょうw
しかし…決勝に来るだけ合って、初代優勝作品にかなり忠実です。絵も上手いのに…なぜコレに使ったw


自分の投票は4に。8ともかなり悩みましたが、オールスターである事、メドレーである事に賭けました。座して単品を待つ!







ちなみに、今回もあります(笑)↓
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://blackhat.blog19.fc2.com/tb.php/131-a7184009
Template by まるぼろらいと

Copyright ©One Shot One Kill All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。