One Shot One Kill

かつてのニコマス感想跡地。
Homeニコ動(im@s・MAD・ボカロ) | 色々感想 | ネギま!感想(現在停止中) | web | 雑記 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年上半期ニコマス20選

2009.07.11
今回もどうにか時間の目処が立ったので参加させて頂きます。
…今日夜が明けたら合宿だったりするけど気にしない方向で突っ走ります!

レギュレーションはこちら↓

基本レギュレーション
・対象は2009年上半期(1月1日~6月30日)に公開されたニコマス作品
・自身のセレクトを20作品以内でブログ及びマイリストにて公開
・1Pにつき1作品




投稿日順に。


アジャP

1つめ。
雪歩の表情と背景が印象的な作品。曲もTRICKのエンディングテーマということで聞き覚えがあり、新年早々にリピートが止まらなくなりました。とにかくサビでの雪歩の指を立てた苦悩の表情(?)が凄いです。



オクラ山ため蔵P

2つめ。
ニコマス絵師の雄、オクラ山ため蔵Pの作品。961プロの3人の色香がこれでもかっ、というほど表現されています。目の憂い、そして唇の動きと色遣い。絵ですが、その動きの1つ1つに目を奪われます。



翼P

3つめ。
im@sMSC3より翼Pの単品。ただひたすらにピンクのラフタイムスクールがカワイイ…。あ、もちろん各持ち色のラフタイムも最高。白とピンクをベースに青・緑・グレー。色の切り替えにメリハリがあるのでとても鮮やかです。美希の覚醒のタイミングも上手いですし。
…あと「Chu!!」3連発にKOされた人は俺だけでは無いはずw



よつばねぎP

4つめ。
律子の心境、その変化を表したような作品です。共に、そして並んで歩いているからこそ繋がる左手と右手。並んで歩んでいくというスタンスは律子だからこそではないでしょうか。
それにしてもホントに律子のためのような歌詞、そして間奏の台詞の破壊力。リッチャンは可愛い。本当に律子は可愛い。そう思わずにはいられません。



poleaveP

5つめ。
雪歩のダンスと、それに合わせての光のラインがとにかく印象に残っています。色彩と光によるテンポがとても気持ちいいです。情景や、ステージ演出の為の光ではなく、光そのものも主役になっている作品だと思います。そういった意味では、「主役であり共演者」である雪歩のダンスがシンプルに曲のテンポに乗せられているのも見事です。
いやまぁとにかく見ていて気持ちいいと。



かよーP

6つめ。
自分は痕MADの直撃世代という訳では無いのですが、それでも曲との親和性、座り込みや抱擁と言った謎の技術の演出には鳥肌がたちました。主題は春香の中に住む2人と言う事で良いのでしょうか。
この動画は春香だからこそ出来たのでしょうね…。引き込まれる格好良さです。
あと個人的にこの曲を知った事でaikoの印象がちょっと変わりましたw



itachiP

7つめ。
「私たちは、ここまできた。」という投コメが表す通り、雪歩・伊織・美希のトリオの成長を描いた作品。ストーリーと言うよりは本番中の回想か。プロフィールやオーディション風景、思い出の写真と小道具が満載ですが、それに負けないくらいダンスやスロー、表情と動きのシンクロが凄い事になっています。最後の静止画の連投も逆にその場の雰囲気が伝わってきました。スラダンの最終巻のような感じ、と言って伝わる人はいるでしょうか?



RidgerP

8つめ。
予告でこのクオリティ。「年下には負けられません」「私がやってやるわっ」『女達の戦い』と字幕が熱すぎます。RidgerPがまだ作り続けている、というだけでこれだけ期待できるのですから、自分にとって大きい存在のPである事は間違いありません。新作を、MASTER ARTIST 66を期待して20選に。



kakaoP 947daP 陽一P

9つめ。
チーム中二病のNovelsM@ster、「Abyss in Heaven」のOPです。そもそもとして「Abyss in Heaven」本編がハンパではないクオリティでしたが、その一因になったOPを今回はプッシュ。
とにかく絵が良い、そしてテンポ、構成…ホントにアニメかこれは(汗)



まんまP

10個目。
驚異の再現性、驚異の再生数をたたき出したまんまPの再現m@ster。BLACKLAGOON好きとしてはただただそのレベルに笑うしかなかったです。キャラ振りも見事ですが、要所での顔グラの加工が本当に上手い。ココまで禍々しい双子の笑みは無いでしょう。そして原作もかくやという血の池具合も…。ロベルタは当然(?)としても、双子をココまでやりきったまんまP、お見事です!



カブキンP カブキンの妹P

11個目。
ただひたすらに黒い雰囲気のrelations。まずこの音の作りが凄いです。奥行きがあるというか、響いているような、刻まれているような…深夜の洋館と思しき舞台は音とピッタリです。そこに響く伊織の歌声、後ろに並ぶ亜美真美の姿。恐ろしいまでの作り込みだと思います。こういうとき伊織のアナザーカジュアルはパンゴシ以上の威力を発揮しますね。
そして双子が一瞬球体間接になるシーン…サビ前の衝撃としてはこの上なく効果的でした。



のぽぽんP

12個目。
この上半期、自分が1番再生した作品です。やよいと伊織がとにかく楽しそう…というか、満足そうに踊っています。選曲、カメラワークにそのテンポ、背景の色彩と、どれをとっても楽しさが伝わってきます。
2人のアップやさりげない頬染めがまた反則的に可愛いんだw



オルカP

13個目。
世界観が千早にとてもマッチしています。神殿(?)にて歌う千早は衣装も相まってその世界の住人のようです。オルカPの3D背景も千早が違和感なくとけ込んでいて…正直投コメ見るまでは背景が実写なのかさえ区別が付きませんでした。こういう歌を歌い上げる作品は千早の特権?



R2P

14個目。
メカ千早。ニコマスではよく見かけるキャラとなりましたが。メカ、すなわち機械である事を考えさせられる作品です。作中の千早の言葉は、いつまでも歌い続けていたい彼女だからこそ発してしまった一言ではないでしょうか。そしてそれに対するメカ千早の一言も、人間に対する彼女だからこそ言える事でしょう。メカ千早という存在を再考させられる作品ではないでしょうか。
花鳥風月に機械の夢・涙と取り込まれている題材も深いです。



みそP

15個目。
「まこまこ凛」。タグのこの一言が全てを表していると言っても過言では無いと思います。音ゲー人気曲の凛として咲く花の如く、これはCafe music selection版ということで自分が知る物よりややスローですが、それがまた真のはんなりとした踊りと合っていてまさに和ふぅ。1:42~の和装の娘に惚れ直した人は数え切れないかと。美しい作品です。



少年P

16個目。
灰春香作品。モノトーンの中の赤の使い方がとにかく印象的です。印象に残るだけでなく綺麗。
歌詞に合わせて春香が色々な動きをしているのですが、その1つ1つの再現率、そしてその方法の発想が秀逸です。最後まで踊りきる春香の姿は黒でもなく、何色でもなく、灰色。灰春香に偽り無し。



いけP

17個目。
愛すべき馬鹿、いけPの廃マス最新作。「視聴者も手遅れ」というタグまで付いていますが、甘んじて受け入れたいと思います。
だって最高だものw
とにかく歌詞がクセになります。「とにかくもう…3次元には帰りたくない」に始まっていちいち上手いw
というか、見る側が思わず笑ってしまい、なおかつ賛同する動画ですwww
ぜひこれからもがんばって下さい!



メイP

18個目。
上半期20選を選ぶに当たって1番最初に決まったのがこの作品。正直また目にする事が出来るとは思ってなかったし、亜美真美誕生祭で1番のサプライズでした。
作品の方はメイPの特徴でもある色を使った演出が効いています。亜美と真美で描く重なったハートは見てると思わず2人の頭を撫でたくなります。そして…ずるいくらいに決まっている音止めの演出。この後の真美の台詞は思わずウルっときます。本当コイツらときたら…。2人の絆の強さが分かる作品です。是非!



エコノミーP

19個目。
この曲をMS01にリクエストしたエコノミーPはナイス選曲です。聴けば聴くほど春香に合っている歌。
前向きに歩んでいく春香のストーリー。サビの「もう一度~」と言う歌詞が繰り返しプロデュースできるアイマスのシステムと重なって思えて…それでも明るく進む春香。まっすぐな良い娘だと再認識です。ホントにがんばって欲しい。応援したい。そんな気持ちになる作品です。



シラカワP

20個目。
タグに「逆隣に・・・」とありますが、まさにその通り…。こんなストーリーを考えついてしまうシラカワPは一体何者なのでしょう。
切なさで、泣けるアイマスです。それでも目を離せないあずささんの物語。このあずささんは運命の人に運命の子を残してあげたのだと思います。自分からはそれだけ。後は是非、自分で確認して下さい。




サムネ1選

さきかけP

自分のサムネ1選はこちら。正直上記の翼Pの作品と悩んだのですが、こちらはサムネを見つけた瞬間の喜びがとても大きかったので。im@sMSC3からつづくさきかけPのMedley von ALIPROJECT。このサムネは見た瞬間にim@sMSC3の冒頭部と分かった印象深い物でした。
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://blackhat.blog19.fc2.com/tb.php/206-0b49df49
Template by まるぼろらいと

Copyright ©One Shot One Kill All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。