One Shot One Kill

かつてのニコマス感想跡地。
Homeニコ動(im@s・MAD・ボカロ) | 色々感想 | ネギま!感想(現在停止中) | web | 雑記 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファントム -PHANTOM OF INFERNO-  (虚淵玄+(有)リアクション)

2008.06.05
自分が硝煙くさい話が大好きになったきっかけがコレ。…ニトロプラスじゃんってツッコミはなしで。
角川スニーカー文庫版ですから(笑)

2002年の本です。自分が中学生の頃PHANTOMを読んで、以来大きな影響を受けたと言える本でしたが、最近ようやく買いました。

内容は…簡単にいってしまえばガンアクションです。少年は少女と出会い、運命がねじれていく…。ネタバレになるので内容は触れません。しかしこの話はツボにはまる人には強烈に作用すると言えると思います。

「アクション描写の比重」と「話全体を包む薄暗さ」

こうやって書くとネガティブしかなく見えてしまいますが、決してそんな事はなく…、ちゃんとボーイミーツガールしてます。ただ、登場人物の人間くささやメインキャラ達の背負う闇がリアルに描写されています。…自分が闇を抱く感のある女の子が好きってのもあるんですが(死)

過酷な運命に巻き込まれたからこそ光るツヴァイの意志、
脆い故に強さを持つアインの儚さ、
純粋だから研ぎ澄まされたドライの狂気…
そして全体に漂う硝煙のにおい。

どいつもこいつも素敵すぎる!

そして2(ツヴァイ)巻の最後の見開き絵で泣きましょう。




蛇足かもしれませんが、作者の虚淵氏の後書きが良かったです。18禁ゲーが元ネタという不安、そして氏の「あっち」と「こっち」の視点、大変興味深い…というかよくここまでストレートに語ってくれた!と思いましたね。
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://blackhat.blog19.fc2.com/tb.php/23-5af4ed30
Template by まるぼろらいと

Copyright ©One Shot One Kill All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。