One Shot One Kill

かつてのニコマス感想跡地。
Homeニコ動(im@s・MAD・ボカロ) | 色々感想 | ネギま!感想(現在停止中) | web | 雑記 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫物語(白) 西尾維新

2010.11.05
猫物語(白)読了しました。話もさることながらここまで確固たるキャラクター造形を維持できたからこその話なんだなーと。西尾維新に脱帽。
今回も羽川委員長の話。ここまでの既刊からがらっと変わって今作は翼嬢の1人称でした。
ストパンのゲームでも主観が変わる演出があって思ったのですが、やはりその人の内面はその人に語って貰うのがわかりやすいです。

今回の怪異は虎。虎には違いないのですが、読むとわかる通り羽川自身とも言えます。阿良々木視点から語られると、読者は羽川凄いなぁ、で済みますし、前作までならそれで良かったでしょうが、今回は委員長ちゃんが「気付く」話でしたので、実に効果的に内面が描かれていました。

しかしまぁ…。今一度委員長の背景を考えると壮絶だったんですよね。既刊でも描写や、そもそもの原因として描かれてはいましたが、改めて感じます。そりゃぁ誰かに肩代わりを、押しつけたくもなりそう。そういった意味では戦場ヶ原嬢の蟹の1件もガハラさんが蟹に押しつけてしまったが故の事でしたし、やはりこの2人は好対照というか、ダブルヒロインというか…。そういや今回は、ようやく羽川さんも自分の思いを告げることが出来ましたしね。

作中では本人しきりと気にしていましたが、ブラック羽川や苛虎を取り込んでも羽川が羽川であることに変わりはないのだと思います。阿良々木君も委員長の完璧なところに惹かれたわけでは無いと思いますし、ここからどのように変わっていくのかは、それこそ彼女次第ですよね?



今作はブラック羽川がおいしいところを持って行った…と思っていたのですが、最後の最後での真打ち登場は予想外でした。委員長とブラック羽川の関係性、向き合うストーリーにに主人公が霞んでましたもん。
しかし本文中でさんざん平行して事件の(?)描写があったので、今回の裏で何が起きていたかは次回作以降で明らかになるのでしょう。楽しみに待ちたいと思います。


巻末の刊行予定が3ヶ月に1冊という恐ろしいことになっていましたので、筆者の西尾維新氏には体に気をつけて書ききって頂きたいと思います。

スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://blackhat.blog19.fc2.com/tb.php/257-5c89e464
Template by まるぼろらいと

Copyright ©One Shot One Kill All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。