One Shot One Kill

かつてのニコマス感想跡地。
Homeニコ動(im@s・MAD・ボカロ) | 色々感想 | ネギま!感想(現在停止中) | web | 雑記 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カスタム・チャイルド (壁井 ユカコ)

2008.06.09
灰色な世界の中で、色のある話。と、でも言えばいいのでしょうかね…。

というわけで、壁井ユカコさんのカスタム・チャイルドを読みました。
舞台は遺伝子工学が現実よりも実用的に進んでいる現代。主人公(…かな?)の三嶋が施設を脱走してきたマドカを「なんとなく」保護する事から動き出します。

ホントにもうこういう灰色っぽい(?)作風の話はたまりません。引き込まれます。
遺伝子工学うんぬんは、あくまで舞台の小道具や、キャラクターの特徴付けのために使われていたように思います。メインは浮世離れした三嶋と、常識知らずのマドカの奇妙な生活…そして鉄郎やススキといったキャラクター達の何気ない日常ではないでしょうか。若干スラム気味な世界に住まう彼らは、年齢以上に達観した視点と、性格を身につけています(まあ良い意味でヒネてるw)。だからこそ4人の煤けた日々の中にも魅力があるのではないでしょうか。


…上手く説明できてませんね(苦笑)


例によってネタバレは避けますが、C4としてのマドカの運命、末路は非常に悲しいものでした。またそのときの三嶋の様子も…。
だからこそ後半の展開はしんみりと読まされました。そして征威の態度には(兆しは現れていたものの)良い意味で裏切られました。あと、征威が晴継に釘を刺す場面は、妹持ちとして評価大でしたね(笑)


1冊で上手くまとまっている作品ですが、あえて注文をいうなら後日談も読みたいですね…と贅沢を言わせて頂きますw
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://blackhat.blog19.fc2.com/tb.php/28-f1999f72
Template by まるぼろらいと

Copyright ©One Shot One Kill All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。