One Shot One Kill

かつてのニコマス感想跡地。
Homeニコ動(im@s・MAD・ボカロ) | 色々感想 | ネギま!感想(現在停止中) | web | 雑記 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年下半期ニコマス20選

2012.01.10
今年も遅参・・・、コメントは火曜日にでもつけようと思います。悩んだぁ。
仕事を始めてからチェックが甘くなっているのを改めて痛感。
もっとニコマスみて元気をもらいたいです。



基本レギュレーション
・対象は2011年下半期(7月1日~12月31日)に公開されたニコマス作品
・自身のセレクトを20作品以内でブログ及びマイリストにて公開
・1Pにつき1作品
※作品と一緒にP名を表記していただけると非常に助かります


七夕P

お天気がテンションを表しているのでしょうか?何とも印象的だった作品です。響、あずささん、美希のスロー連発のように、緩急が効いてました。こんな天気予報で天気を知りたい。



CAMELP

サムネとタイトルで大勝利だった感もありますが。全体的にどうなっているのか、という抜きっぷりでした。元ネタより先にこの動画を見たのですが、たかゆきでも全然違和感のない選曲ですね。「そんなあなたの事が好き」のリピート部分の振り付けがピタッと決まっていて格好良かったです。



ろっそP

ラジオのパーソナリティーがあの2人だったころを思い出しました。ミンゴスはハモリのライン歌うと良い目立ち方をするように思います。もちろんソロも好きですが。
曲といい、舞台・衣装のチョイスといい、ほんとにこんなシーンがありそうです。



mizuchiP

個人的に最近ハマっているmizuchiPから1つ。投コメの上手さも相変わらずです。ガールズロックをやるとしたらこのメンバーでしょうね。舞台チェンジ、からの衣装チェンジ。すごいです。
響センターは珍しい?



2番P

KAKU-tail6から。相変わらず耳を疑う人力ボカロ。セリフがずるいです。そして静止画の使い方がすごい効果的だと感じました。イオリンは可愛い。再認識。



えびP

自分はこういった雰囲気の完成度の高い作品は大好きです。こういった寂しいような悲しいような、訴えかけてくる作品は本当に春香が合いますね。ラインが印象的ですが、水たまりの飛沫もすごい。彼女はそこにいる、そんな風に思えます。



りよ。

これは素晴らしい前日譚です。すべて描いてらっしゃるわけですから、これはもうすごいとしか言えないです。絵理もサイネリアも可愛い。なんだか可愛いしか言えません。あ、さりげなく雑誌の表紙は765組でしたね。この世界の彼女たちは先輩なのでしたっけ、そういえば。



VRF11アイマスP合作動画

これはいい殴り込みでした。コメントで見るまでサングラスと帽子の合成は気づきませんでした。怒涛の演出が続きますが、その中でも5人になってからのカメラの寄せ引きと被写体変更がうまいと思います。あとアピールラッシュはマジ怒涛。圧巻です。



ねおごはんP

なんだかこの作品、アイドルの目が薄く閉じられているような気がします。そんな不安というか危うさを感じさせる作品。目線が切られている部分が多い以上に。モノトーンのパートがrelationsなのに唸りました。タイトルの出すタイミングも見事。



Die棟梁P

投コメがすべての結論のような気もします。キングはスゲー。けどこの作風を受け止めるあずささんもすごい。ストーリーPVとはまた少し違う、物語のような流れを見た気がします。



TiltP

貴音に制服っていい意味で似あわないなーというのが第一印象です。(あと、この動画見られたことでPCとテレビを買ったのは間違いじゃなかったと確信したw)3人のそれぞれの静止シーンがほんとに可愛い。うまいところを切り取ってくれますね。
あと、貴音の白背景というのは意外と新鮮でした。この娘の目の色の綺麗さを再認識。



k:AkiP

「もっと春香が好きになる動画」というのは実に的確なタグですね。アニマスの春香がホントに皆の、765プロも含めたみんなのアイドルであったことが分かりました。こういうまっすぐなエールって心を温めてくれると思います。
あと、中村先生歌上手くなったなぁ。



いろは

MASTER ARTIST 2から1曲選ぶとしたら、自分はこの曲です。見事なダンスと緩急でした。good byeのタイミング完璧すぎです。見てて気持ちの良いシンクロでした。



はしP

真って彼岸花がすごい似合うんですね。普段のアクティブな彼女と、制服&和服で口をつぐんだ彼女。このギャップはすごい。
歌声も平田さんに似ていて違和感がない選曲でした。



カマトロP

完結してしまった弱小事務所シリーズから。めちゃめちゃ格好いいですよね、このOP。作中の会話のテンポだけでなく、一枚一枚の絵のセンスもキレていると思います。



散髪屋P

こういうストレートなストーリー系PVが本当に心に刺さるんです今。今季一番元気をもらった作品かもしれません。流れも、皆の活躍も、実に王道。最大限に彼女たち、そして彼らの活躍をフォローしていると思います。このユニットはこうだ、ここに躓く、こうなったら強い、そんなことまで考えてしまいました。熱い。



赤ペンP

思い出しますよね、これ
そんなわけで安心の赤ペン先生です。やよいよりは単なる友情ではなく、彼女たちはライバルでもある。だからこそ高めあっていけるのかもしれません。
あと、ふと思った感想ですが、やよいは涙を流すから大人びた表情が胸を打つし、伊織は打ちのめされて歯を食いしばっている姿があるからこそ輝いているんじゃないでしょうか。そんな気がしました。



けるまP

安定の実写のけるまP。ここまで自然だと、本当に会いに行きたくなってしまうから困ります。今年のクリスマスはここで補完。
てか、ここが天国で良いでしょうか?・・・最後のウィンク反則です。



神風P

格好よさで個人的にはブッチぎりだったこの作品。ダンスと音楽の合わせ方がホントに素晴らしいです。指先、挙動の1つ1つに神経が通っているように思えます。そして安心の継ぎ目のなさ。絶妙です。



アイマスP合作動画

「im@sclassic」タグが日の目を見る日が来るとは思いませんでした。ということで年末の合作を。皆音楽ファンタジーゆめを知っててびっくりです。何人同世代がいるんだろうw。印象に残っているのは春香、千早、貴音。特に貴音は大トリですべてを持って行ったかもしれません。衝撃では雪歩もなかなかw。




スポンサーサイト

Comment

- 赤ペン

どもども。赤ペンと申します。20選のお礼参り中です。
今回はお選び頂いてありがとうございました!

変にガマン強いから無理しすぎるやよいには
涙と共に感情を爆発させる姿を。
自信満々でお高くとまっている事の多い伊織には
打ちのめされ泥にまみれながら這い上がる姿を。

あまり他人には見せたくない面をお互いが持ち寄れる。
それゆえに嬉しさも悔しさも我が事のように感じられる。
親友ってのは、そーゆーもんなんだろうなーと思うわけです。

相変わらず赤ペンはアイマス2については色々思うところが
あるわけなんですが、この動画は「2人がユニットとして組めない」
というリアルなシチュエーションがなければ作れなかったわけで、
そういう意味ではアイマス2ならではなのかなぁ、とも思っています。

という事で、今年もマイペースで頑張りますので宜しくお願いします!
2012.01.12 Thu 23:57 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://blackhat.blog19.fc2.com/tb.php/287-a50c3c6a
Template by まるぼろらいと

Copyright ©One Shot One Kill All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。