One Shot One Kill

かつてのニコマス感想跡地。
Homeニコ動(im@s・MAD・ボカロ) | 色々感想 | ネギま!感想(現在停止中) | web | 雑記 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラノベ感想 終わりのクロニクル(川上 稔)

2008.05.21

一本杉

実はこの動画で知った。読み終わって見ると鳥肌…



一体どこから語るべきか…とりあえず7巻は今まで読んだ電撃のなかで1番厚かったのは間違いないです(笑)


このシリーズはラノベとしてかなり幅の広い作品だったのではないでしょうか。登場キャラクターの多さ、概念戦闘の解釈などガチガチなバトルなシーンもあれば、ホントに全年齢対象なのか疑いたくなる「マロい」シーンもちりばめられていて…。というか、相手が主に異なる世界、というスケールも大きいですね。

総じて分量の多いシリーズですが、あまり苦にならずに読めました(腕力的意味を除く^^;)

全体的にキャラクターの台詞や主張が格好いいのも特徴ですね。特に3rd-Gの面々の話が特に良かったです。もうお前ら自動人形ってくくりを越えそうだよ!ていうか京が格好いいよ!押忍!(笑)

あ~でも一番クリティカル入ったのは美影さん。最終刊はもう反則でした。KOです。他にも至&sfとか、ディアナとか唯さんとか…やっぱり自分は脇キャラが好きです。

そして脇キャラや世界観が作りこまれている作品が大好きです!そういった意味で終わりのクロニクルはヒットでした。

あれ、メインキャラクター達に全く触れてない…(汗)
ホントは1人1人語りたい位に魅力的なキャラクターが多いのですが、今回はこれくらいにしときますm(__)m
スポンサーサイト

Comment

- Andy

最終巻の美影さんに1票!!
2008.05.22 Thu 00:01 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://blackhat.blog19.fc2.com/tb.php/8-5f763951
Template by まるぼろらいと

Copyright ©One Shot One Kill All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。