One Shot One Kill

かつてのニコマス感想跡地。
Homeニコ動(im@s・MAD・ボカロ) | 色々感想 | ネギま!感想(現在停止中) | web | 雑記 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドルマスター XENOGLOSSIA 前半

2008.08.12
最近さぼり気味…。
もちろん、ニコマスチェックや部活に汗を流す日々ですが…
夏の部活はヤバイ。体力が奪われますね。
そんなとき、見始めてしまった アイドルマスター XENOGLOSSIA

…雑感でも書いてみましょうかねって事で。まだ13話までしか見てませんが(汗)


とりあえず…前評判(?)からしてアイマスっぽさは薄いと分かっていましたが、たしかにキャラクター名と大まかなデザイン以外は別物といえるかも知れません。

…別に面白くないと言うわけではなくw


半分しか見てない自分ですが、ストーリーも人物描写もなかなか良いですね。もちろんアイマス補正が掛かっていますがw
あまりロボアニメは見ないのですが、ロボ物としての描写と、キャラクター達の掘り下げが(原作の下地と違うからこそ)見応えがありました。

以下、各キャラについて雑感。(特に公式設定とかには目を通してません)

春香は…やっぱりリボンキャラなんだ(笑)インベルを駆ってしっかりと主人公をしてますし、雪歩に対してはツッコミ役になっているなど、見せ場はたくさんありますね。(当たり前か…。)
両親の不在、また遠距離通勤どころではない地方出身という背景がありますが、他のキャラクターの設定と比べればまだ違和感ないですね。
特筆すべきは…ペンギン属性が付きましたね(違)。あと、インベルにはもうべた惚れって事で良いですか?w特に8話…。もう、「お幸せにっ」って感じですw
嫌みのない、まっすぐな娘ですし、この先もがんばってほしい…。

前半はほとんど真に接点の無い雪歩…あれ、ゆきまこは?(←自重)
春香と同期でアイドルマスター候補としてモンデンキント入りしますが、途中からオペレーターとして春香とコンビを組んでます。原作同様の引っ込み思案ですが、居眠り魔人と化してたり、海では胸が強調されてたりと、こちらも独自色が付きましたね。寝ぼけて伊織に反撃するのがけっこうツボですw
13話の最後…真を見てたシルエットが雪歩に思えて仕方ありません。前半の登場率が高かっただけに、ここからどうなるのでしょうか…。

相変わらずのデコちゃん(笑)、伊織。負けず嫌いな感じが強調されていますが、やっぱりツンデレな所は変わらないんですねw。鬼コーチ化や、日焼けなど、ネタ要素も付いてますが、基本は努力の娘。アイドルをいたわる姿はまさにいい先輩ですね。真が抜けてしまった13話以降、どういった活躍をするのか…。

孤高な、とにかく戦う姿が印象的な真。正直もう原作からは別人ですね。(非難してるわけではありません…。)アイドルはあくまで道具、と言う信念を貫きましたが、13話にしてモンデンキントから離脱、トゥリアビータに合流という怒濤の事態となってしまいました。直前の過去の事件(?)の片鱗、またあずささんとの関係といい、目が離せない背景を持ってましたし、このまま復活してくるかと思っていたので正直ショックです。このままでは救われない道に行ってしまいますが…果たしてどうなるのでしょうか。
…真のカニを見ているときの表情の破壊力は異常。

主任という、1つ違った立ち位置なあずささん。よき先輩(大人)としての立場から、徐々に厳しい判断をしなければならない位置へとシフトしてきてしまいました。真同様アイドルとの関わりは深く、やはり過去の掘り下げが気になります。ヨーロッパからは頭痛の種みたいな男が舞い込んできましたし…やはりしばらくは苦労が絶えなそうです。真を救えるのはあなただけ…ですよね?

整備士という、ある意味納得なポジションに着いた律子。寮では良き姉御的な存在のようで、伊織の扱いが上手いですね。というか、からくりを仕込むとは…www
整備にかける思いは熱く、また面倒見の良さもあり、違和感が一番少なくなってるキャラかも知れません。中盤、亜美が戻ってきましたし、ここからの活躍はどうなるんだ…?

礼儀正しい、そしてちゃんとアイドルをしていた等々、ギャップの激しさではなかなかの亜美。律子に先輩と言われてハーモナイズを指揮する姿は貫禄さえある…ダレダコノコw
真美の死亡設定は衝撃的でしたが、原作でちゃんと登場している以上はこのままではないと思うのですが…。

原作よりも精神年齢が高そうなのは亜美だけではありません…春香の親友として、また相談相手としての位置にいるのはやよい。こちらもアイドルですが、亜美ほどは売れてないんですね…。と言うか、何故か毎回着ぐるみ。13話まで見るともはや顔しか出てないのが普通に思えるw
そういえば…伊織とはケンカ友達的な関係になってしまっているので、やよいおりは発生しなそうですね(苦笑)





…千早!?
敵役ですね、ハイ。トゥリアビータ のアイドルマスターとして登場したのは千早。なんだか常に険しい表情をしていますね…。インベルの最初のマスターだったこともあり、インベル・春香のコンビには激しい執着を見せています。中盤では「人間を捨てて」など、なかなか壮絶な過去を持っていそうですが、当面の敵だけに、その話が明らかになるのも終盤でしょうね。
気になります。
スポンサーサイト

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://blackhat.blog19.fc2.com/tb.php/82-d510e1dd
Template by まるぼろらいと

Copyright ©One Shot One Kill All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。